5年以内に満たす最低資本金

会社設立時か5年以内に満たす最低資本金

会社設立には、有限会社は最低300万円、株式会社なら最低1000万円は必要であるという最低資本金制度が会社法の改正により撤廃されました。

そして資本金が1円でも会社設立をすることができるようになりました。会社法が改正される前からも最低資本金制度の額に満たず、特例として1円からでも会社設立をすることができたのですが、その際には5年以内には最低資本金制度が定める額にするという条件がありました。
しかし現在の新会社法では1円で会社設立をしたとしても5年以内に資本金を引き上げ化ければならないという条件もなくなりました。それでもいくら1円から設立できるとはいえ、実際に会社設立をする際に1円の資本金では無理があります。
まず会社設立をするために手続きや登記に20万円以上かかるのです。定款を作って公証人役場で認証を受けるためにも、法務局で設立登記の手続きをする際にも必要になってきます。
資本金は会社設立をする際の自己資本です。
自己資本が多ければ多いほど、会社の資金繰りは楽になり、融資を受けるときにも返済における信用度が高く受けやすくなります。その逆に資本金が少ないと、融資も受けにくくなります。また資本金は定款にも記載することになり、後々会社の紹介をする際にも記載されます。

資本金が少なくても伸び続けている会社なら信用もされますが、資本金があまりに少ないと取引する相手の企業も安心して取引をすることができません。さらに初めに少ない資本で始めてしまい、後で増資をするときに面倒な手続きやそのための費用もかかってくるので注意が必要です。

ただ、資本金は多ければいいのですが、会社設立時の資本金が1000万円を超えると消費税の課税対象になります。1000万円未満なら2年間は免除されるというメリットがあります。だから1000万円未満でなるべく多く資本金を準備してから会社設立をすることが理想的です。では最低いくらくらい準備をしておけばいいのでしょうか。

会社設立時には手続きや登記のための資金のほかにオフィスを借りたり、事務機器を購入したりする必要もあります。それらの資金と、会社経営が始まって軌道に乗るまでの3か月間くらいの運転資金があるとよいでしょう。

その間に売り上げを上げるようにできるとよいのです。だから資本金としては1000万未満で、初期費用と3カ月分くらいの運転資金を合わせた額くらいを準備できればいいでしょう。
そして会社のために出資しすぎて個人的に生活ができなくなるような無理はしないようにすることも大切です。