株式会社の設立について

代理人による株式会社の設立について

株式会社を設立するというのは会社を設立しようとする地域を所轄する法務局に必要となる書類一式を収めて法人登記するという作業です。法律に基づいた型にはまった作業になりますので行政書士など、これらの書類に関して知識を持っている専門家が代理人として代行申請するサービスが展開されています。

株式会社を設立するために必要となる書類は沢山ありますが、その中でポイントになるのは株式会社の概要をまとめた定款と呼ばれる書類と、印鑑証明、そして事業資金を払い込んだ証明の3点になります。これらに関しては経験豊富な専門家であってもアドバイスしかできません。

まず定款に関しては所在地をどこにするか、会社の名称をどうするか、役員を誰にするか、どのような事業を行うかなどは会社を設立しようとする人が決めるしかないものです。
その様な考えを業者に伝えれば、そこからはこうした方が良いというアドバイスを行うことが可能になります。定款には事業内容を書くのですが、現在のところ考えていない事業でも将来の事業拡大の可能性が0でないものは盛り込んでおいた方が良いという考え方の専門家もいます。このあたりはしっかりと話し合って決めるのが良いでしょう。

定款を後から変更するのにはお金がかかる作業になりますので、最初の段階でしっかりと考えておく必要があるのです。
次に印鑑証明ですが、会社の印鑑証明を作るための代表印は新規で作成するのが望ましいと言えます。会社の契約や取り決めなどあらゆる重要事項を動かすための印鑑になりますので既存のものを使用するのはリスクを伴います。

安いものであれば10000円程度から作成することが出来ますので新調するのが良いでしょう。ちょっとした事務機器業者であれば株式会社用の印鑑セット、すなわち代表印と銀行印、角印の三種類がオーダーメイド出来るようになっています。

この様な印鑑を作成して法務局で印鑑証明を取得しましょう。
最後は資本金を集める作業です。これは社長の魅力のなせる業であり外注はできません。集めた資金は何らかの口座に振り込み、お金が入っている証明を金融機関に申請する必要があります。およそ1000円程度で証明書類の発行を受けることが出来るのですが、それも株式会社設立のために必要な書類になります。
これらの代理人に任せられない項目さえクリアすれば、あとは専門家の得意分野です。必要な作業は間違いなく実行してくれますので安心して任せることが出来ます。