ワンストップサービスって?

会社設立における「ワンストップサービス」ってどんなもの?

現在の日本では会社設立が非常に盛んに行われています。 現代において世界に名を馳せているような企業であったとしても、それが自然発生的に生まれたということはほとんどありません。 あらゆる企業は設立の手続きによって設立がされていますから、会社設立はそれを目指す人にとって、夢をかなえる第一歩とも言える行為となります。ですが実際に会社設立が完了するまでにはさまざまな知識が必要になりますから、発起人がひとりですべてを進めるということは容易ではありません。 もともと法律や経済といったような方面に明るい人であれば問題がないというケースもありますが、ほとんどの場合は本や専門家の助けを借りつつ、手続きを進めていくことになるでしょう。 そうした手続きを代行する「会社設立代行サービス」というものも現在では存在していますが、そうしたサービスのなかには「ワンストップサービス」を自称しているようなものがあります。ではここでいう「ワンストップサービス」とはどのようなものなのでしょうか。 これは「ワンストップ」、つまり「ひとつで完了する」ということを実現しているサービスが該当します。 先述したように会社設立が完了するまでにはさまざまな専門知識が必要となります。 届出を出す際には国や地方公共団体の制度や会社法について、書類の作成に当たっては書類作成の技術などが必要となるでしょう。 ワンストップサービスを行っている代行会社は、そうした必要となるすべての知識や技術を有するスタッフがいる、もしくはそうした知識や技術を持つ事務所へのコネクションがあるというようなケースが多く、発起人から代行を依頼され、契約が完了すればそれだけで会社設立ができるというようにサービスを整備しています。 つまりワンストップサービスとは「ひとつの代行会社と契約をするだけで、ほかの司法書士事務所や税理士事務所と契約する必要がなくなる」というものであると言い換えることができるでしょう。 こうしたサービスは発起人にとって非常に便利なものとなっていますが、中には会社設立後にわたってサポートをしてくれるというような企業も存在しています。 看板作成やホームページ制作など、そのサービスは非常に多様性がありますが、中にはそういったサービスが必要ないという発起人もいるでしょう。 そうした際には自分にとって何が必要なのかということを事前に明らかにし、それを代行会社に伝えると、その分で費用を下げてくれるケースもありますので、ワンストップサービスは安直に利用するのではなく、事前に準備をしてから利用するように心がけると良いでしょう。